gpstandard’s blog

スキル向上のために英語学習、プログラミング、google、マイクロソフト、アマゾン・・・・色々おいかけてます

医療的な補助機能としての価値がありそう? 19歳の少年が開発した「視覚障害者用アプリ」 マイクロソフト主催コンテストで話題に

 

forbesjapan.com

 

これは視覚障害者でなくても利用価値があるような感じがしますね。

この仕組みをうまく使えば生活にフィードバックを与える事が出来そうです。

 

また、考え方次第では現在のイングレスやポケモンGoのように

現実世界をベースにしたゲームとかを作れそうですね。

 

宝探しで、「テレビの後ろにヒントがあります・・・」音声がナビゲーションしてくれるとか。

 

しかしこの19歳少年の技術、心意気に関心します。