gpstandard’s blog

スキル向上のために英語学習、プログラミング、google、マイクロソフト、アマゾン・・・・色々おいかけてます

これからのビジネスキーワード? コグニティブサービス / 博報堂アイ・スタジオが提供を開始

コグニティブサービス

という聞きなれない単語のサービスを日本の博報堂アイ・スタジオが提供を開始したとのことです。

 

markezine.jp

 

 

コグニティブコンピューティングとは?

経験を通じてシステムが学習し、相関関係を見つけて仮説を立てたり、また成果から学習することができるシステム。Cognitive Computing。

 

つまりは機会によるマーケティング、分析をするサービスとの事です。

昨今話題の機械学習ですが、これを利用するにはそれなりのリソースやデータ管理が必要なので、博報堂ではこのリソース・データ管理にマイクロソフトAZUREを利用して、様々なコグニティブサービスを提供していくようです。

 

具体的には

●クリエイティブ生成・表現技法を軸にした、クライアントへのAIソリューション。
  画像認識・音声認識などからクライアントビジネスのブランディングマーケティングに寄与するAIソリューションなど。
●エンドユーザーと共に体験・共感を創りだす参加型共創ソリューション。
  多数のデバイスを利用したインタラクティブな同時参加キャンペーンや、テクノロジーを利用したユーザー参加型イベントソリューションなど。
●IoT活用のためのプロトタイピングやプラットフォーム構築ソリューション。
  IoTにて新ビジネスモデル構築、プロトタイピング、プロモーションのための支援ソリューションなど。

 

おそらく、どの企業もAIを活用したビジネスモデルに興味はあるが、具体策がわからないという中で、こうした企業のコグニティブサービスというのは、ある程度需要があるように思われます。