gpstandard’s blog

スキル向上のために英語学習、プログラミング、google、マイクロソフト、アマゾン・・・・色々おいかけてます

Windows10のタイムライン(Timeline)機能とは何か? ios,androidアプリで同じ状態を維持

すでにmac,iosだとメモ帳を含め編集中の状態を共有できるようになっているが、windows側でも同じような動きがあるようです

 

jp.techcrunch.com

基本的なアイデアは、利用者の最近の全てのアクティビティを一覧しやすくするということで、Wordで作成中だったドキュメントや、Edgeブラウザ(たとえそれがAndroid携帯電話でも)で閲覧中だったウェブサイトなどに対して、ラップトップまたはデスクトップに戻った際に、アクセスできるようにするというものだ。タイムラインは、作業を継続したいと思われる文書を強調表示するが、同時に時間別に整理された最近の完全なアクティビティのリストも表示される。Cortanaも、ユーザーがデバイスを切り替えた際に、再開したいと思われるアクティビティをリマインドすることができる。

 

しかし、まだ現段階では

 

アプリ開発者たちは、自分のアプリ内でこの機能を明示的にサポートしなければならないという点は、強調しておいた方が良いだろう。

 

 まあ、あたりまえと言えばあたりまえですが・・

現時点では、Microsoft Edgeによるブラウジングと、Microsoft Officeのドキュメントに加えて、マップ、ニュース、マネー、スポーツ、天気などのWindows 10のアプリケーションのアクティビティだけが、サポートされているということだ。

 という事です。

 

MACではすでに共同でメモ帳を編集するという機能もついてるので、この部分も含めマイクロソフト側の追撃が始まったという感じです。

isuta.jp

 

MACもクロームもデバイスを超えたシームレスな環境を提供し続けている今、このタイムライン機能はこれからの時代の必須機能となるのは間違いないでしょう。