gpstandard’s blog

スキル向上のために英語学習、プログラミング、google、マイクロソフト、アマゾン・・・・色々おいかけてます

2018年に新しくリリースされたGoogle Apps Scriptについてのまとめ。新API,ダッシュボードやローカル開発などの新機能について

Excelと言えばVBA。 

Google スプレットシートと言えばGAS!

developers.google.com

 

GAS(Google Apps Script)にどうやら新機能が追加されたようなので、少し調べてみました。

 

1 リリースされた内容

January 11, 2018

 

 それぞれ

1) ダッシュボード

2) 新規に Apps Script API

3) ローカル環境から開発可能な CLI Tool clasp

がリリースされたようです。

 

全体的に管理やローカル利用、外部からの利用面で強化された内容になっているようです。

 

2 具体的にどんな機能追加があったのか?

さすがというか、Qiitaですでにダイジェスト的に紹介、まとめられている方がいらっしゃいます。日本語で読むにはわかりやすいですね。

qiita.com

Google Apps Scriptの新しい3つの機能 その② Apps Script API - Qiita

Google Apps Scriptの新しい3つの機能 その③ CLI Tool Clasp - Qiita

 

 

3 ここから見えてくる可能性、展開

今回の機能追加は今までマクロとしての扱いの比重が高かったGASが、より開発者寄りになった事を表しています。

これにより、プログラムの再利用性が高まり、GASによる自動化、インテグレーション処理がかなり楽になると思います。

 

また、Fusion Tableというドライブ上で使えるデータベースが試験運用中ですが

10分で出来る!Googleドライブでデータベースを使ってみた | SiTest (サイテスト) ブログ

 

これらの組み合わせにより、より複雑だが、便利な処理ができるアプリケーションをスクリプトレベルで開発できるようになると思われます。