gpstandard’s blog

スキル向上のために英語学習、プログラミング、google、マイクロソフト、アマゾン・・・・色々おいかけてます

歩合制への救世主?!NTTドコモから、乗車需要の予測し未来の顧客を獲得する「AIタクシー」がスタート

タクシー業界はすべての会社がそうというわけではないですが、出来高制、歩合制という物が存在します。

長年の感や太いお客さんを握っているドライバー以外はお客さん探しに苦労し、給料に響いてくる世界なんですよね。

 

そんな全タクシードライバーが喉から手がでるほど欲しいサービス?「AIタクシー」の運用が開始されるようです。

 

news.mynavi.jp

NTTドコモは2月14日、人工知能を活用したドコモのリアルタイム移動需要予測技術で、未来のタクシー乗車需要を予測するサービス「AIタクシー」を、2018年2月15日から法人企業向けに日本全国で提供を開始することを発表した。東京23区、武蔵野市三鷹市では東京無線タクシーが1350台、名古屋市ではつばめタクシーグループが1150台で、「AIタクシー」を活用した運行が順次開始される。

 

会社側からしても、業務効率化のメリットがありますし、このサービスが一般化されるかどうかわかりませんが、歩合制のドライバーにはたまらないサービスになります。

 

AIの活用の一つに未来予測や適正の在庫管理などがありますが、はたして乗車需要がどの程度予測できるか、その結果は楽しみではありますね。