gpstandard’s blog

最新のITや技術を始め、プログラミング、google、マイクロソフト、アマゾン・・・・色々おいかけてます

iPad Pro キラーがキターーー。ペン付きで税込み4万円台のMediaPad M5 Lite、そのペンの書き味は?

アンドロイドの逆襲が今始まる・・・

という予感をさせるデバイスがファーウェイから登場しました。

f:id:gpstandard:20181123025316j:plain

MediaPad M5 Lite

 

細かなスペックなどは下記を確認

ascii.jp

3万円台と書いてありますが、ペンセットの価格だと

価格は、Wi-Fiモデルが税抜2万9880円、SIMフリーLTEモデルが税抜3万7880円。

これとは別にWi-Fiモデルにはスペックが強化されたバージョンがあり(通常モデルが3GB/32GBに対し、4GB/64GB)、こちらにはペン(M-Pen lite)とオリジナルカバーが付属し、税抜3万7880円。

 税込みだと4万少し超えます。

それでもiPadとペンを揃えるよりは安い。

しかもスペックは通常モデルよりUPしてます。

 

肝心のペンの書き味は?

youtubeで動画を上げてくれてる方がいます。

youtu.be

 

7分あたりで

f:id:gpstandard:20181123025401p:plain

書き味の紹介をしてますが、まずまず悪くなさそうです。

これはiPad Proキラーの称号を付けてもいいのでは・・・?

 

欠点は無いか?

こちらのレビューで色々気になる点が・・・

k-tai.watch.impress.co.jp

9V 2Aの独自の急速充電規格により7500mAhのバッテリーを3時間未満で満充電にできる。

これは素晴らしい。

M-Pen liteの電源は単6形乾電池。

 おお・・・ 単6電池なんで、買っとけばいいですけど、充電式じゃないんですね。

この持ちがどの程度かは気になります。

 

後はものすごく微妙な部分ですが

大きさは約243.4×162.2×7.6mm、重さは約480g。

 新しいiPadよりも0.2mmほど太く重量も10gほど重い・・・・ まあ、全然問題ないですけどw

 

全体的に買い。上手い価格帯の商品

実は今回のLite以外にProと名付商品があります。

photosku.com

 

MediaPad M5 Proの方が性能面ではもちろん上なのですが、価格帯は新しいiPad等と比べると上で、iPad Proよりは下です。

そう考えると、今回のLiteはiPad Proはもちろんの事、新しいiPadを買う値段でペンまでついてくるという絶妙な価格帯になっています。

 

タブレットもペン付きが当たり前になる時代が到来してます。

今回のMediaPad M5 Liteは非常にバランスの取れた良い商品なのでは無いでしょうか?

 

 

 

新型 iPad Proが作り出す、第3のPCの形。コンピューターの定義が変わり物理キーボードが消える?

iPad Proの新型が発表された興奮がやっと収まってきました。

f:id:gpstandard:20181102065317p:plain

今持ってるiPad Proを変更するだけの財力だけの財力が無いので冷静になってますが、ここから先、PCのスタイルは確実に2in1PCのスタイルになっていくだろうと感じています。

 

「 2in1 PC  + ペン ー キーボード  」が主流に?

ヤフーニュースで見たこの記事

headlines.yahoo.co.jp

 

なるほどなと思いました。

数字上のトリックもありますが、タブレットとしてのiPadはシリーズ累計でもっとも売れてる端末になるでしょう。

それはイコール、そのデバイスに人々が慣れているという事もさしています。

タブレット端末でキーボードを必要としている人は少なく、ペンはクリエィティブにも日用のメモとしても使える為、「 2in1PC + ペン - キーボード 」という形が仕事以外の利用での新しいカタチになるかもしれません。

 

 

昔と今の子供の反応

自分が子供の頃はパソコンを触れるだけで喜びがありました。

MSXやらPC98から始まってウィンドウズ、Macの衝撃は今でも覚えています。

そしていつの間にかPCと言えばWindowsMacの2択になりました。

そしてChromeOSや、スマホタブレットAndroid,iOSも出て来たわけですが、ここらへんから子供の反応が変わって来ました。

 

最近の子供はPCでキーボードやマウスを触るよりもスマホタブレット端末でのタッチ操作にかなり慣れてしまっています。

事実、自分の子供にもiPadと2in1PCを渡してみたのですが、愛用しているのはiPadの方です。

 

新しいPCの形、コンピューターの定義とは?

実際に書類作成のオフィスワークやエンジニアがプログラミングをするという形を除けば今回のiPad Proは恐ろしい性能と可能性を持ったデバイスになっています。

Photoshopのフル機能が使えるようになればデザイナーはiPad Pro一つで仕事をこなすかもしれません。ビデオ編集も出来てストレージも1TB有ればとりあえずクリエィティブな仕事のほとんどがiPad Proで済むという恐ろしい状態です。

 

そしてこのキーボードというポイントが最大の今後のコンピューターのあり方を左右する大事な鍵になります。

 

サーフェス 対 iPad Pro

キーボードは必要な時だけという状況は2in1PCの形として既にサーフェスでも定義されています。

iPad Proは周りに回って別の道から結局ここにたどりついてる感じです。

 

互いのイニシアチブはiPad Proが通常タブレット端末を使い慣れた世代が選択する可能性があるのに対し、サーフェスの方はノートPC需要からモバイル性を求めた結果たどりつくゴールという事になります。

 

後は互いの物理キーボードという存在の扱いがポイントになってるのが事実です。

今の所は、キーボード自体分売という形ですので、五分五分と言いたい所ですが、やはりiPadの敷居の低さと小学生でも使えるUIのシンプルなiOSの方にマーケティング的にも分があると感じます。

 

物理キーボードが不要になる時代が本当に到来するか?

ガラパゴス携帯から始まったスマホ端末で、物理キーが消えるまでにさほど時間はかかりませんでした。

しかし、ビジネスや開発用途での物理キーボードの存在は絶大です。

ただ、一般消費者からすると物理キーボードが不要な時代がもう半分訪れていると言っても過言ではありません。

音声入力は便利ですし、ソフトウェアキーボードもあるので、プライベート利用は本当にiPad一つで成立してしまいます。

 

まだまだ高額ですが、ペン入力も考えると紙のノートの代わりにiPad を小中高と利用できそうです。また、ビジネス利用なら本当にiPad Proで十分に間に合う可能性すらあります。


よほど特殊な事をしない限りはOffice製品すら不要になっています。

 

あとは

 

考えるだけで入力?Facebookが開発する脳とコンピューターをつなぐ技術 | BUSINESS INSIDER JAPAN

 

ほぼ無音の「吸った声」で音声認識 マイクロソフト研究 - ITmedia NEWS

このようなキーボードに変わる文字入力技術が一般化された時、本当にビジネスマンやクリエイターが本当にiPad Proだけで仕事が出来るようになってしまうでしょう。

 

物理キーボードの消滅。

これが次の時代のコンピューターの姿になるかもしれません。

 

 

Mac Proと,どちらがいい?45万もする、小さい中にフルスペック(メモリ64GB、SSD2TB)の魅力の新型 Mac miniはハイスペックなのか?

今回のアップルのイベントで絶対買わない!!でもいいなー!!ってなったのがMac miniです。

f:id:gpstandard:20181031083434p:plain

表示上45万ですが、さらに10GBのイーサネットを選ぶと+11,000円されます。

 

競合製品はナシ?

Mac miniの場合、そのサイズ感から独特の存在価値があるのですが、しいて競合製品をあげるとすると(もちろんアップルの中でですが)

 

デスクトップの使い方で考えるとiMac, iMac Pro,Mac Proとなるわけですが、その観点で言うとそれぞれ価格帯や性能が前後したり、モニターある無しの判断があったりするわけです。

 

モニターの性能や総合的な事を考えると単純に比較するのは少しナンセンスです。

 

どんな方、用途に向いてる?

初めてPCを買う場合Mac miniはモニターを別途用意しないといけないですし、キーボードやマウスの準備も必要となるため、正直初心者向けになるかどうか微妙です。

 

一番向いてると思われるのはウィンドウズPCなどと共通利用です。スイッチャーなどを利用してモニターを共有した場合、スペースの節約にもなりダブルOSの環境を利用できる事になります。

 

今回パワフルな性能を考えると従来持っているウィンドウズ環境を利用してMac miniだけ投入もありかもしれません。

 

 

強いて苦言を呈せば・・・・

今回のmac miniはある意味プロ仕様です。メモリ64GB、SSD2TBの構成で45万は相当高額です。

そうなると3Dや動画制作での利用を思い浮かべますが、それだけの金額を出せるならMac Proを選択するのが定石なのかなと。

CPUのコア数やGPUが搭載されている為、単純にメモリなどの関係で比較しいいかわかりませんが、そのうちレビューで動画エンコードの時間やグラフィック性能テストが出てくるはずなので、そこでドライに性能が判定されればmac miniの性能の真価が問われるはずです。

 

結局、デスクトップとして使う以上は高スペック化する場合にサイズ感はさほど影響しないと思いますし、Mac miniの性能と価格バランスの真価が問われる時が来るはずです。

 

 

 

 

 

 

3分でわかる。 新型Mac Book Airは高額化。Retinaディスプレイ対応で、第8世代のインテルCPU搭載。

聞いてた話し(勝手にですが・・・・)と違う・・・・。

第1印象はそんな感じです。

f:id:gpstandard:20181031072020p:plain

まず安くなってない・・・

旧型のMacBook Airの発売も継続されていますが、値段はそのままです。

ベースラインの値段が

 

98,800円から →134,800円

 

にレベルアップしています。 もちろん、そ

の分性能も上がってるわけですが・・・

 

色々言ってるが主な性能UPはこれ

- Retinaディスプレイ対応になったよ。

- CPUが第8世代になったよ。(前が第5なので大分変わりました)

- 全体的に薄くなったよ。1.7cmが →1.56cmに

- 軽くなったよ。 1.35kgが → 1.2kgに

- ポートがUSB-Cになっちゃったよ。充電も

- 選べる色が増えたよ。(シルバー+ゴールドとスペースグレイ)

- touch id付いてるよ。

 

これは買う人が迷う事に・・・

今回の発表で購入者の思考回路はこうなります。

 

 ★ CPUの世代差の性能ってどんな物? とりあえず新型のAIrにしとくか

               ↓

★ どうせ買うならスペックアップしたいな・・・

結構高くなるな・・・ (MAXオプションで288,800円)

               ↓

★ ああ、だったらMac Book Proでもいいかな

(28万あればクアッドコアのメモリ16GB、1TBのSSDが選べます)

 

ただ、安い理由でAirを選んでた時代が終わった感じです。

もう何が何だかわからなくなりますよね。

 

結局、新しいMac Book Airは買いなのか?

いつもならお金に余裕があるなら買い換えると言いたい所ですが、だったらProの方を買うというのが正直な感想です。限定的に言うのなら

 

15万前後の予算でMacを買うなら

 

という条件下でのみ Mac Bookの無印、Airの2者の間で揺れ動くという感じでしょうか。

 

- サイズと軽さだけを追求するなら無印MacBook.

- 性能を考えたらAir

となるようです。ただ、先程も述べた通り30万近く出せるなら重くはなりますが、Proの方が・・・・ともなりますのであくまで予算による形になります。

 

今回のAir悪くはないですが、果たして誰向けの商品だったのか少し疑問が残った感じでした。

 

 

 

 

 

 

10月30日のイベントで新 MacBook Air が登場の噂。気になるのはそのスペックと値段。mid2018が出る?

推理の仕方がすごいですね。

 9to5Macによると、とある教育機関の顧客が「MacBook Air」と「iPad」と「Apple Pencil」を注文。その後「iPad」と「Apple Pencil」は出荷されたものの、「MacBook Air」のみ出荷が遅れるとのメールがあり、その出荷予定日が10月30日になっているとのことです。

i.meet-i.com

 

本当に出る?

f:id:gpstandard:20181024074045j:plain

今までもx-codeの中に新しくプロダクトが入っていたりと色々な推理方法がありました

が、今回は発注からの推理。 ちょっと妄想なのかな・・とも一瞬思いましたが、

MacBook Air (13インチ, 2017) - 技術仕様

2015年から1年あけて2017年に上記のmid2017が出てるわけです。

今回登場するならmid2018となるのでしょうか?

無印MacBookのせいでフェードアウトするかと思われましたが、無事レギュラーリリースされてきてるので、2018年も出る可能性は高いはずです。

 

気になるのは価格

過去の記事で、価格を下げてくる報道も一部にありましたが、どうなんでしょうか。

ウィンドウズも最近では10万前後で良いスペックで軽量なPCが出るようになってきたので、対抗措置として価格が下がってくる可能性はあります。

その上で、スペックが上がる可能性があるので、期待したい所です。

 

MacBook Airは一般向けの良いMacノートPC

価格良し、ポート類の拡張性も(USB類等)良し、キーボードも打ちやすく、ほどほどの軽さ(1.3キロ程度)!!

初めてMac、もしくは初めてPCを買うなら毎回言っていますが、オススメのノートPCです。

 

iPadiPhoneを使っていれば、最近のOSのアップデートで連携作業もさらに便利で楽しい機能も増えています。

Macユーザーがこれからも増えていくようなラインナップが10月30日に本当に発表されるのか、期待大です!!